保守点検・メンテナンス

Maintenance保守点検・メンテナンス

保守点検・メンテナンスサービスとは

定期的に清掃・機器の動作チェックが必要です。

修理

まず現状の把握が第一。お客様からのヒヤリングに始まり、設備機器の作動状況から故障原因と修理手順を追求し、お客様との打ち合わせや注意事項を確認して対応致します。

定期点検

定期的に冷暖房設備をメンテナンスすることは省エネにつながります。突然な故障も未然に防ぐこともあります。定期点検は非常に大切な位置づけと考えております。

2015年4月1日より施行された『フロン排出抑制法』に基づき、「定期点検」が必要な対象機器かどうかの確認をはじめ、「定期点検」及び「簡易点検」代行も当社にて対応しております。

≪フロン排出抑制法≫

フロンガスが使用されている業務用の空調機器・冷凍冷蔵機器を使用している機器ユーザーの皆様に対して、『簡易点検』を3ヶ月に1回以上行うことが義務付けられました。また、一定規模以上の機器については、十分な知見を有する者による『定期点検』も定められました。

簡易点検
全ての業務用冷凍空調機器⇒3ヶ月に1回点検必要

定期点検
業務用空調機器(圧縮機出力7.5㎾以上50㎾未満)⇒3年に1回点検必要
業務用冷凍・冷蔵機器(圧縮機出力7.5㎾以上)⇒1年に1回点検必要

どんな些細なお問い合わせからでも承っておりますので、先ずはお気軽にご連絡下さい。